意思決定の方法論

purpose

このページでは、意思決定を支援するために、意思決定のプロセス、事例や経験を紹介します。
意思決定支援の目的として、重要度の高い順に、以下3点をリストします。

  1. 正しい意思決定ができること

    正しい意思決定とは、その時点の状況で、結果としてベストの選択をできたことです。
    もちろん、その意思決定に関しては、後悔はありません。
    正しい意思決定を行えるために、まずは可能な限り選択肢を揃える必要があります。
    それから、選択肢を客観的な指標で評価し、判断をくださる必要です。
    我々の情報収集能力は無限ではないし、人間の脳は様々な認知バイアスに騙されやすいので、
    正しく意思決定を行うことは簡単ではありません。
    ある企業の社内調査では、成功と言える意思決定は社内ではわずか6%です。

    正しい意思決定をするために、幅広く情報収集し、正確な情報を利用し、正しい評価方法で選択肢を比較分析する必要があります。

  2. 早い意思決定ができること

    意思決定の期限は無限ではありません。期限内に意思決定できないと最悪です。
    また、人生の中では結婚のような大きな意思決定も、何を食べるのような小さな意思決定もあり、
    無数な意思決定を日々行なっています。
    仕事も生活も日々の意思決定に無駄な時間を使ってはいけません。
    意思決定に使うべき時間内に、迅速な判断が必要です。

    早い意思決定をするために、情報収集・整理・分析をスピーディーに行えるツールが必要です。

  3. 気持ち良く意思決定をできること

    重要な意思決定も、日々の細かい意思決定も、人間の「悩み」としてストレスが溜まります。
    人間の脳の思考能力は貴重な資源であり、負担をかけすぎると効率悪くなります。
    もやもや無駄な悩みを増やすよりも、自信を持って意思決定できた方が良いでしょう。

    気持ち良く意思決定をするために、人間の脳を支援して、意思決定に自信を持たせば良いです。

以下は、我々が実際に経験した意思決定の経験やノウハウを共有します。

それぞれの場合の、意思決定のプロセス、比較方法などを記載していますので、ぜひご参考ください。

もし改善のごアドバイスもしくはご要望がありましたら、お気軽にコメントください。

case study

本稿は、新型コロナウイルス(COVID-
日本国内のデータはまだ十分なサンプル数を
日本国内のデータはまだ十分なサンプル数を
この記事では、潜伏感染者も含めた日本での
この記事は、意思決定に関する記事です。公
新型コロナ(COVID-19)日本と世界各国の最新状況速報
2019年中国の武漢市から発生した新型コ
前提条件 私の息子は既に3歳の誕生日が過
ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問
我々の新商品命名のプロセスと比較表を公開